歯に被せものをする治療|いつまでも歯の健康を守ろう【歯医者選びは慎重に】
歯科

いつまでも歯の健康を守ろう【歯医者選びは慎重に】

歯に被せものをする治療

歯

天然の歯に近くなる

差し歯とは、今ある歯を少し削ってその上に人工の歯を被せるという治療法になります。差し歯一本一本はかなり厚みがあるので、見た目は自然で天然の歯と変わらないくらいです。そのため、美しい口元を維持できる点が魅力であり人気の理由です。人工の歯は、白くツヤがあるものが多く治療をして問題なく使えるようになっても明らかに天然の歯ではないことがわかるので機能的に問題がなくても見た目的に問題となることがあります。差し歯の場合は、他の歯同様で治療をしても他の歯より浮いて見えることもなく周りに気付かれることがないので治療が受けやすいと言えます。また、歯を引っ込めたり逆に押し出したり、歯の向きも変えられるなど簡単な歯列矯正も可能です。

健康な歯と神経を抜く場合

差し歯の治療が使われる代表的な方法には主に二つあります。一つは、健康な歯が少しでも残っている場合で歯の神経を使って被せものをします。もう一つは、神経を抜いてから神経があった歯の中を洗浄して殺菌した後薬剤を詰め込んで補強します。差し歯の治療に使われる土台には様々な素材のものがありますが、金属で出来たものよりもセラミックなどで出来たものの方が長持ちしやすくアレルギーなどにもなりにくいと言われています。健康な他の歯と同様に使うことが出来ますが、人口の歯を被せていることでその分虫歯などの病気になりやすいです。そのため、定期的に歯科で歯のチェックを受けたり毎日のお手入れを欠かさずに行うことが大事であると言えます。